ポリッシング|トヨタ センチュリー(DBA-GZG50)



トヨタ センチュリー様のポリッシングを行いました。

センチュリーはメッキ部分が多く、マスキング箇所は多いですが、曲線部分が少ないので作業時間は比較的短く済みます。

マスキングさえ終えれば、塗装面が非常に分厚く、ガンガン磨いていけます。

簡易ポリッシング

守りたい部分、パネルのエッジ部分を保護するために、マスキングしていきます。

角の部分は、平面より力がかかりますので、地が出てしまう危険性があります。

フロントは、マスキング箇所が多いです。

右フロントフェンダー完了

ドアのエッジ部分にモールが取り付けてありましたので、ドアエッジ部分もマスキングします。

センチュリーは後席から下車した方が、リアピラーを鏡のように使用しますので、特に念入りに磨きます。

テールランプ部分は全て直線ラインで形成されていますので、作業は早いです。

ルーフはダメージが激しい部分ですので、念入りに磨かないといけません。

見えにくい部分ですが、非常に重要です。

 

本日も無事に作業完了いたしました。